Digimon World
 
HomePortalCalendarFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 『G30シリーズ、ついに登場!その3(G30アイアン)』

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
akentanlid



Posts : 11
Points : 1159
Join date : 2014-09-12

PostSubject: 『G30シリーズ、ついに登場!その3(G30アイアン)』   Mon Nov 03, 2014 6:43 am

『G30シリーズ、ついに登場!その3(G30アイアン)』
PING伝統のキャビティアイアンがさらに進化を遂げました。前作より大きく進化したストロングロフト&極薄フェース設計の飛距離アップアイアン。番手間で理想的な飛距離差をもたらす新ギャッピング?シャフトを採用。飛び構造とCTPの進化により、左右だけでなく飛距離のバラツキも抑制し、コントロール性能も大幅にアップしました。 http://www.gorufujp.com
プログレッシブ?シャフト長、ストロングロフト、そして、薄いフェースの3点の要素は、飛距離が伸びるだけでなく、グリーン上で球が止まる高弾道を生み出す秘訣です。
初速アップを実現した薄いフェースの裏に搭載されているCTPがインパクト時のブレを防ぎ、プレーヤーが求めている正確な飛距離コントロールを可能にします。CTPとアンダーカット?キャビティーにより、重心を低く深くする事が可能となり、最適な打出し条件と寛容性が増す構造。 あらゆる入射角にも対応した汎用性の高いソールがクリーンヒットへと導きます。
【より『Gシリーズ』らしいアイアンに原点回帰】

最後にG30 アイアンですが、ややシャープだったG25アイアンに比べ、
以前のGシリーズらしいポッテリした感じに回帰しています。ここで面白いのは、
ロフトを立てたにもかかわらず、弾道はむしろG30の方が高くなっている
という点ですね。

例えばG30アイアンの7番は前作に比べ1.5度もロフトが立っているんですが、
ピンのプレイヤーテスト結果によるとG30の方が0.4ヤードも高弾道なんですよ。
(普通、ロフトを立てればその分弾道は低くなります)

これで飛距離が出るということは、
低重心化、高弾道化をガンガン推し進めつつも、吹け上がらないよう
スピン量はしっかり抑えているということになりますね。

Back to top Go down
View user profile
 
『G30シリーズ、ついに登場!その3(G30アイアン)』
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Digimon World: Project Ark :: Important Stuff :: News and Announcements-
Jump to: